ネジ・リベット・特殊ネジ・接点など圧造製品なら(株)東輝にお任せください。

テクノロジー

(株)東輝は150mmまでの長尺ネジを大量生産できる独自のテクノロジーを持っています。
通常、100mmを超える長さのネジを圧造プレスを行う際、脱型工程で金型が破損したり、押し出しピンの変形、折損が生じやすくなり、連続プレスによる大量生産は難しいと言われます。

しかし、東輝では長年の研究により優れた金型と技術で連続プレスによる最長150mmまでの長尺ネジの大量生産が可能です。これまで長尺であるがために高いコストがかかっていたものを安定した品質で迅速かつコストパフォーマンスに優れた製品を供給しています。

規定長に切断する画像

コイル状の線材を指示書の規定長に沿って切断をします。

加工材質については普通鋼、FC、FCD
SUS 、Al、SCS、特殊鋼などを代表としてご要望に応じて加工いたしております。
(株)東輝の圧造ネジの大量生産工程には一見して一般的な圧造と変わりませんが、金型、脱型方法には独自のノウハウが活きています。

圧造工程の画像

加工サイズは微小なスイッチ接点から長尺150mmまでの製品が製造できます。長さ、太さ、ネジピッチなどは全てオーダーによって生産いたしますので、お見積時にはまず仕様をお知らせください。

圧造工程が完了すると、脱型に入りますが、この工程を高速で行おうとすると金型の破損、押し出しピンの変形・折損が生じやすいために一般的には脱型速度を遅くするか、加工長さ自体を短いものに限定するかのいずれかとなります。
このロス率はすぐに一本の生産単価にはね返ってきますので、加工に手間のかかるものを高速で連続的に処理できるかどうかは技術力の違いということになります。

(株)東輝では金型自体への工夫と脱型工程の研究により連続プレスによる長尺ネジの生産を可能にしました。

圧像工程完了の画像
脱型工程の説明
脱型時の変形の問題について
(株)東輝独自のノウハウで長尺ネジも大量生産が可能になりました。

Copyright(C) Tohki inc. All rights reserved.